おすすめVRアダルト人気ランキング

エロVR動画くん

「イマラチオ」 一覧

イラマチオの魅力は何と言っても、その挿入感に加虐性、女性側の苦しそうな表情や垂れ流れる分泌物の数々だろう。

基本的に、イラマチオは男性側主導のフェラのため女性側は苦しいものになる。喉の奥まで挿入して、そのまま止めたり激しく出し入れしたりする。女性側は咽たり息が出来なかったりして暴れるだろう。顔も真っ赤になって目には涙が滲み出ている。しかし、そういった表情が非常に興奮するのである。

口からは唾液やえずき汁、胃液とも思えるようなものまでダラダラと出てくる。ムスコを引き抜くとネバついたものが糸を引き、その辛さがよく分かる。鼻からも当然のように鼻水が止まらない。唾液、鼻水、涙、汗などで女性の顔はグシャグシャなのだが、それがまた良いのである。

そして、その独特な挿入感。アソコとは違った締りもあれば、ベロの柔らかさとザラザラ感が亀頭と竿を刺激する。根元まで突っ込むと、ムスコ全体に伝わる挿入感と温かさ、唇の柔らかさ全てが感じ取られる。それを堪能したら自分が気持ちよくなるためだけに激しく動きまくる。

この『自分の性処理のためだけ』というプレイだからこその興奮もある。自分さえ気持ち良ければそれで良いというシチュエーションはSの人にとっては無くてはならないものだろう。

最後の射精は、喉奥射精を推奨したい。顔にぶっかけるのも良いが、最後は口に包まれたまま射精したい!と思うのがイラマチオマニアだろう。もちろん、喉奥に出されるのだから女性側は最大の苦しみを味わうだろう。息が出来ないだけではなく、逆流して鼻から出てしまう事だってある。

しかし、そこで抵抗する女性の頭を押さえつけて射精が終わるまで離さない加虐性が最高の快楽なのである。ムスコを抜いた瞬間に呼吸と吐き気が同時に来て苦しんでいる姿を見れるのもイラマチオならではじゃないだろうか。

 

『イラマチオのオススメ作品』

まず紹介するのが『【VR】史上最狂のイラマチオVR 森苺莉』だ。

 

この作品は、えむっ娘ラボと呼ばれるメーカーの人気作品をVR化して登場させたものである。史上最狂のイラマチオシリーズとは、イラマチオファンが納得するくらいの激しさ(一部嘔吐描写あり)と、チョイスした女優、多くの喉奥射精、そして納得のいくシチュエーション・構成と、イラマチオ作品の中では完成された逸品として非常に人気になったものだ。

 

それを、まさかのVR化するとなり、期待と不安が重なりながら発売の日を待った。結果から言うと、非常に満足のいく作品になっている。まずは、女優のチョイスなのだが、森苺莉という大人しそうで清純そうな子が今回の主役だ。実はこの子、ゲロを吐きまくるまでイラマチオし続けるハード作品にも出た事があるくらいの逸材として注目されている。

 

喉の奥まで突っ込まれても笑顔を見せる精神力、自ら喉の奥に挿入させる真正のドM感、独特の挿入感を持っている喉、苦しがってる顔がS心に火を点ける絶妙な薄幸具合、イラマチオ作品に欠かせない要素を遺憾なく持っているのだ。これからのイラマチオ界隈を賑わす存在になるだろう。

 

そして、問題のプレイの方も充分に抜ける作品になっている。VRでイラマチオとなると、どちらかと言えば自ら喉奥に挿入するディープスロートがメインになってくる。主観映像が多いVRでは、イラマチオをする際に女性の頭を押さえつける男の手が邪魔になったりするからだ。しかし、イラマチオファンは、そういった押さえつけているという臨場感が欲しいと思っている。

 

そういった意味で、本作は非常にニーズに合ってるのだ。女性の頭を鷲掴みにして喉の奥まで抑え込む。女性が苦しがっても、一切の手加減を加えずにムスコを咥え続けさせる。それを主観映像で見れるのだから、興奮は増す事だろう。

 

そして、この作品には三場面楽しむところがある。一つ目が、苺莉ちゃん自らが喉奥に挿入して奉仕するディープスロート。まずは、ゆっくりと喉奥を楽しむために敢えて女優側のペースで挿入させるのだ。まだ開き切ってない喉に一生懸命押し込む姿にS心が沸々と湧き出てくる。しかも、この時若干涙目になりながら困り眉になってるのが素晴らしい。それでいて、目線は一切外さずにこっちを見ているのだ。

 

それが終わると、次は他の男が苺莉ちゃんの頭を掴んでの全自動イラマチオ。それによって、さっきよりも動きが激しくなる。自分で動きをコントロール出来ないので、女優側の表情も苦悶に変わっていくのだ。口をすぼめながら歯が当たらないように気遣ってるのも奉仕してる感が感じられてとても良い。このシーンは苺莉ちゃんの苦しさとエロい表情に注目してみよう。しかも、頭を掴んでいた男にもイラマチオしているので、二重の意味で楽しめるぞ。この際の射精は喉奥射精となっているため、コンセプトが守られてるのも好評価。

 

そして、メインイベントと言っても良いだろう。男自ら両手で頭をガッチリ鷲掴みにして喉奥を犯すイラマチオだ。こなったら苺莉ちゃんの表情もより苦悶なものになってくる。しかも、呼吸が出来ない事で顔が真っ赤になっていく様も映し出されるのだ。それでも気丈に喉奥でムスコを包み込もうとしてる苺莉ちゃんに拍手を送りたい。

 

男の腕にも筋が浮き出ているのが分かるので、本気で力を入れている事が感じられる。自分がイラマチオをする際もこれくらい力を入れて犯したい!そう思わせてくれるのはVRの臨場感をアングルのお陰だろう。更に、足でロックするという絶対に逃れられない拘束イラマチオもあるぞ!そして、最後は当然の如く喉奥射精だ。出した精液を確認して終了となる。

 

残念ながら本編の激しさには追いつけないものの、VRのイラマチオ作品の中ではトップレベルである。今まで満足いくイラマチオ作品に出会えてない人に是非オススメしたい!

 

 

次に紹介するのが『【VR】口内調教イラマチオ 大槻ひびき』だ。

 

この作品の良さは、何と言っても相手が奴隷として男の性処理道具として存在するというシチュエーションだ。しかも、主に口を使った処理専門なので、フェラ・イラマチオ好きにはたまらないだろう。しかも、女優がお淑やかな美人女優の大槻ひびきなのだからムスコも反応してしまうだろう。

 

奴隷として性処理を命令されたひびきちゃんは、まずその口で男の足を舐め回す。女の口とベロの感触を足の指で感じるという滅多にない行動に期待感が押し寄せてくるだろう。足を綺麗にしたひびきちゃんの口にバイブを突っ込んで喉奥を犯し始める。ムスコを挿入しやすいように唾液を出すため、そして広げるためだ。

 

そして、いよいよ挿入の時。ぷっくりとした唇で亀頭を刺激した後、一気に喉奥まで押し込む。ねっとりとした挿入感にムスコがビクッと跳ね上がる。そのまま喉奥で出し入れして堪能すると、口からムスコを引き抜くシーンが多々見受けられるのだが、ここは要注目!

 

粘着質の強い唾液、えずき汁、そして嘔吐汁が混ざってそれが糸を引く形で口とムスコを結びつける。グチョグチョになったムスコと、テカテカになった口、そしてネバネバに絡みつく汁、ひびきちゃんのイラマチオがどれだけ濃厚で気持ち良いかがよく分かる描写だ。

 

引き抜くと、すぐにいやらしい目でムスコを求めてくる。奴隷としての自覚なのか、それともムスコが好きなのか...どちらにしても男には好都合だった。喉の奥に欲しいと言うならば遠慮はしない!挿入音とグチョグチョと汁をまき散らす音が響き渡り、ひびきちゃんがむせ返る声で加虐感が倍増する。

 

足でロックして拘束しながらもひびきちゃんの表情は苦しさの中に気持ち良さを感じているようだった。再び引き抜くと、とんでもない量の汁がムスコに纏わりついていた。その温かさと粘り気に我慢の限界に達した男は、ひびきちゃんの口に射精する事にした。

 

激しく口を犯して最後は口の中に大量射精!ゆっくりと残ってる精液を出させる。口の中の精液を出させると、ひびきちゃんの目はトロ~ンといやらしく光っていた。これからも当分楽しめそうだな...そう思えるようなアングルで終了。

 

イラマチオとしての激しさは強くないものの、喉奥に挿入している、苦しそうな表情、分泌した多くの汁、そして口専門の性処理奴隷(若干のセックス要素あり)というシチュエーション。総じて、フェラ・イラマチオマニアには大満足出来る作品になっている。

 

最後に紹介するのが『イラマチオ 最後は、のど射』シリーズだ。

 

この作品の良さは、射精の際全て喉奥射精である事だ。イラマチオマニアにとって喉奥射精とは非常に重要なポイントなのだ。せっかく喉奥で楽しんでいるのに、最後射精する時に抜いて自分の手でしごいて顔にぶっかけるイラマチオ作品は意外と多い。確かに、射精の勢いを顔射で表現するのも一つの方法である。しかし、喉奥射精する事で、女性側は最高の苦しみと苦悶の表情をし、男性側は最高の射精を迎えられるのだ。

 

その点で、このシリーズはタイトル通りに最後の射精は喉の奥で射精する事に妥協しない。手コキでも、セックスでも射精する時は全て咥えさせて激しいイラマチオの末に喉奥射精でフィニッシュする。女性側は早く抜いてと言わんばかりの表情と抵抗する動きを見せる。中には、鼻から逆流してくる子もいるくらいだ。

 

しかし、抜く事はしない。射精が終わって最後の一滴まで吸い出させて余韻を楽しんでようやく引き抜く。引き抜いた瞬間に女性側は激しい息遣いで呼吸を整えるのだが、この時も口の中の精液はこぼさない。飲む事も許されず、まずは出した精液のチェックだ。

 

口を大きく開けて喉奥に溜まった精液を確認して、そのままゴックンさせる。喉に絡みつくような精液であっても飲み切ると、涙でグシャグシャになった顔に笑みを浮かべる。呼吸困難になってまで責められた事、そして気持ちよくなってくれた事が嬉しい生粋のドMなのだ。

 

女優陣も有名女優の『つぼみ』などが出演しているので、クオリティの高さに問題はない。イラマチオ中心であるため、セックス描写は多くない。そのイラマチオは非常にハードで、様々な体位で責めているので見る者を圧倒する事だろう。筆者は全シリーズを見たが、どれも非常に抜ける作品なので、自分のタイプの女優から見てみる事をオススメする。

【その他のジャンル別ランキング】