おすすめVRアダルト人気ランキング

エロVR動画くん

おすすめVR「巨乳」ランキング

VRアダルト「巨乳」はココが良い!

DMM R18

おっぱいと言うのは、女性の象徴である。

胸が大きくなるのは女性のみ。そして、その柔らかさとエロさを知っているからこそ大きさに拘ってしまうのだ。大きければ大きいほど女性としての魅力が出てくるものだと思われている。その証拠に、巨乳であれば男の視線はそこに集まるのは良くある事だろう。それが分かっているからこそ、グラビアアイドルなどが活躍するのだ。

プレイに関しては、その柔らかさが最大の魅力だろう。まずは、服を脱いだ時に現れる巨乳に視覚的興奮を覚える。更に、少し動いただけで揺れるのだから自然と目が行ってしまう。そして、いざ触れてみるとその柔らかさに感動してしまう。脂肪の塊とは覚えないほどのフワフワ感の中にもある芯とハリが触覚を刺激していく。視覚的にも、指が埋もれるのを見れば柔らかさが伝わる。

そして忘れてはならないのが乳首の存在だ。柔らかい乳房と違って固く立っている乳首のギャップは非常に良い。女性がどれだけ感じているかが分かるので乳首に注目を当てるのも良いだろう。

巨乳でやりたいプレイと言えば、パイズリ。あの柔らかいおっぱいに包まれたらどれほど気持ちいいか。それは想像以上の感触だろう。それよりも驚くのは、その温かさにある。興奮と寄せる事で体温が上がってるおっぱいの間に挿入した時の感触はアソコにも負けていない。

乳首で亀頭などを刺激する事を忘れてはいけない。そう考えたら巨乳に無駄がない事が分かるはずだ。どこを使っても男を気持ちよく出来る。それが巨乳の魅力なのだろう。

コレを買うべし!「巨乳」おすすめVRアダルト

新人即撮。童顔むっつりスケベ巨乳。りさ148cm 平川莉沙

やはり、おっぱいを前面に押し出すようなアングルと構成が大事になってくる。

まずは、服を着た状態で妄想を働かせる。谷間を強調する服であれば、その大きさや挟んでパイズリした時の事を妄想したり、サイズの小さい服を着させておけば、大きさだけではなく形までもが想像出来る。そうやって想像したおっぱいの期待を良い意味で裏切ってこその巨乳なのだ。

そして、脱いだら正面から乳首と乳輪を観察する。立っているのか、実は陥没乳首だったりとか、乳輪がデカイとか、様々な興奮ポイントがそこには眠っている。正面での観察が終われば、次は横から大きさとハリを見る。そして、最後は下から覗き込むように見よう。正にパイズリされに行くムスコになった気分を味わえる。

観察が終わったらいよいよお障りタイムが始まる。最初は撫でるように揉んでいくのが良いだろう。それによって柔らかさが充分に伝わるのだ。入念に撫でまわした後は、強めに鷲掴みしてみよう。それによって、手に収まらないほどの巨乳である事を印象付けれる。個人的には後ろから鷲掴みが映えるのでオススメしたいが、VR向きではないのが残念だ。

一通り揉み終わったら、おっぱいを下から持ち上げるような絵もあれば揺れ方や重さが分かり、更に巨乳の良さが伝わるだろう。そして、最後まで敢えて触れなかった乳首周辺を責める。いきなり乳首にいってもいいが、乳輪をなぞるようにして乳首に到達する方が興奮する。これは男に限った話ではない。女性の方も中々乳首に来ない事で焦らされてるという意識が働いている。だからこそ、乳首を触られた時に感じやすくなる。

感度チェックが終わったら乳首を舐めたりローターを当てたりして悶える女性を見るのも良いが、やはりパイズリの方が巨乳として目立つ映像になるだろう。

パイズリをする時も、いきなり挟むよりは一回おっぱいに押し付けるとこれからの流れに期待が持てる。こんなに柔らかいおっぱいに今から挟まれるのか...と感じるだろう。乳首などで刺激した後、ゆっくりと挟み込むのだが、この挟み方にも工夫の仕様はある。

普通に挟むパターンはパイズリを始める事がよく分かって良い。しかし、女性が両手で寄せたおっぱいに挿入する形も違った興奮がある。まるでアソコに挿入したかのような感触と温かさを実感出来るだろう。パイズリをしながらフェラをする高等技術も存在するが巨乳である事を強調したいならパイズリを中心に責める方が良いと考える。

巨乳の楽しみ方は人それぞれあるが、自分が良かったと思う作品を紹介していこうじゃないか。

VR】長尺VR 乳もみインタビューVR

まず紹介したいのが『【VR】長尺VR 乳もみインタビューVR』だ。

この作品にはムスコが出てくる事は一切ない。そのため、女性側がエッチな事をする事もない巨乳フェチ向けの作品になっている。

内容としては、10人の女性のおっぱいを揉みまくるというある意味捻りのないストレートなものとなっている。だが、だからこそ良いと評価したい。出てくる女性は美乳もいれば巨乳もいる。中には巨乳をも超えた存在、爆乳まで出てくるのだ。その多種多様なおっぱいの数に感動を覚える。乳首も小振りな人もいれば、ビンビンに立ってる人もいる。

【VR】長尺VR 乳もみインタビューVR

じっくりと観察する時間も存在しており、ここは素直に評価したい。そして、観察し終わったおっぱいを後ろから鷲掴み!このシーンは巨乳がよく映える。その大きさ、柔らかさ、乳首の立ち具合、この作品の全てがそこにあると言っても過言ではないだろう。揉んでるおっぱいだけを画面いっぱいに映し出すシーンも多いので注目してもらいたい。この臨場感はVRならではだろう。

乳首を責めるシーンにおける下からのアングルにも拍手を送りたい。乳首がより強調され、女性側の表情もよく見える。そして、下からおっぱいを持ち上げるシーンもあり、巨乳に望むものとしてはかなりの高水準だろう。

更に、この作品にはもう一つのコンセプトがある。それが、おっぱいを揉みながらインタビューするというものだ。ただでさえ、最初からおっぱい丸出し状態で恥じらいの表情を浮かべているのに、インタビューに答える時は更に恥ずかしそうに答える。そして、少しずつ感じ始めている表情とのマッチ感が非常に合っている。

このように、一切射精するシーンやムスコを弄るシーンがない巨乳フェチ専用作品だが、その分巨乳好きは満足する出来になっている。

【VR】長尺VR 乳もみインタビューVR

この女優の作品をもっと!:
このメーカーの作品をもっと!:TMA
販売DMM.com

VR】巨乳パイズリ

DMM R18

次に紹介したいのが『【VR】巨乳パイズリ』だ。

この作品に出演している水澤りこはGカップものおっぱいを所有している人気女優なのだが、その巨乳の良さを遺憾なく発揮している。

まずは、りこさんが近付いてきて谷間を見せつけてくる。その大きさがよく分かる気持ちよさそうなおっぱいを想像させる。そして、上着とブラを脱ぐとそこには想像以上の巨乳が存在していた。後ろから鷲掴みされて感じているりこさんは、自分で揉み始めながら更に近づいてくる。

【VR】長尺 立体巨乳パイズリ図鑑〜パイズリ挟射!四人収録

ここからが必見!りこさんの巨乳が画面全体に現れる!その大きさと迫力に驚くだろう。ビンビンに立った乳首もよく分かり、プルプルと柔らかさも伝わってくる。そして、登場するのがディルドだ。このディルドを挟み込み華麗なパイズリを開始する。

この時のパイズリの良いところは、本物のムスコでないためモザイクが必要ないところだろう。おっぱいの柔らかさも良く分かるし、このおっぱいに挟まれたらこんな風にムスコが挟まれるのかという事が非常に分かりやすい。ディルドにおっぱいを押し付けたり、乳首で刺激するシーンもあるので注目してみよう。

映像がブレるくらいの激しい動きで見ているものを興奮させるりこさんのパイズリがラストスパートをかける。おっぱいと手を存分に使ってディルドを完璧に覆い隠してしまう。そして、挟まれたまま昇天する。

究極とも言えるアングルと超接写描写。この2つが巨乳フェチの心を鷲掴みにする事だろう。巨乳に興味がない人も好きになる事もあるかも知れない。それほどの破壊力と伸びしろがある作品となっている。

【VR】長尺 立体巨乳パイズリ図鑑〜パイズリ挟射!四人収録

この女優の作品をもっと!:羽生ありさ
このメーカーの作品をもっと!:実録出版VR
販売DMM.com

【その他のジャンル別ランキング】